オーガニックコットンの生地・寝具・コットンパフ等を販売。
敏感肌に、赤ちゃん用におすすめです。
100%オーガニックコットンの優しい肌触りをぜひおためしください。

 

パノコのオーガニックコットン

パノコの社会貢献

 

パノコの社会貢献
-REMEI AG(リーメイ社)とbioRe(ビオリ)プロジェクト-



bioRe(ビオリ)プロジェクトの支援で作られたタンザニアの井戸


ンゴボゴ(Ng'hoboko)村の新しい井戸の前で記念撮影。(前列向かって右がパノコ社長)

パノコでは、社会貢献活動の一環として、インドとタンザニアのオーガニック・コットン生産者を支援する「bioRe(ビオリ)プロジェクト」に2007年度より参加しています。

このプロジェクトは、パノコのコットン製品の原料綿を生産しているスイスのREMEI AG(リーメイ社)が持続可能なオーガニック・コットン生産のために始めたもので、その内容はオーガニック農法のトレーニングに始まり、子供たちへの教育、医療や水源のインフラ整備、就農への資金援助、女性の自立支援など、多方面に亘っています。

パノコはこれらのプロジェクトの中から、タンザニアにおける水源整備事業(井戸の掘削、修理)および、インドの子供たちへの教育プロジェクト(Animation Schoolの建設・運営)への参加を決定し、資金提供を行っています。


【タンザニア】

「bioRe(ビオリ) タンザニア プロジェクト」では、生産者支援のためのインフラ整備事業の一環として、2007年末から11の村に19の新しい井戸を作り、15の井戸を修理することを決定し、早速ンゴボゴ(Ng'hoboko)村に2つの新しい井戸を作り、1つの井戸の修理を終えました。 その後も毎年増やしており、2012年現在47になっています。
 

パノコはこのプロジェクトのうち、2009年度末までに、Mwanyahina村に2つの井戸を寄附することを決定しました。この村には351世帯、3,520人が住んでいますが、乾季の水源がありません。水汲みは主に女性と子供の仕事ですが、何時間もかけて遠くまで水汲みに行かなければならないため、子供達は学校に行く時間がなくなってしまいます。子供の将来を心配し、この村では村長をはじめ村人全員が井戸の建設を切望していました。

2008年に実施された新しい井戸作りは、工事そのものは住民側も労力を提供する形での共同作業で行われました。作業はREMEI/bioRe のJustinaさんが中心となって監督し、完成した後のメンテナンスは全て住民側に移管されます。

タンザニアでの井戸掘りは、手作業でボーリングを行います。水脈に到達するまで掘り進めます。出た水は飲用が可能かどうかの水質検査を行い、不適切な場合は他の場所に移り、再度やり直しです。ボーリング作業を行いながら井戸の深さを決定し、同時にコンクリート壁の製作が始まります。壁は最低でも7日間養生しなければなりません。炎天下の中、大変な作業が続けられます。

そして2009年、Mwanyahina村に2基の井戸が完成しました。1基目の井戸は、現在76世帯が利用し(1世帯8-10人)、2基目の井戸は47世帯が利用しています。水汲みに出かけていた時間と労力が大幅に縮小され、子供達も学校へいけるようになり、村人たちは大変喜んでいます。3基目は2010年にMwamishali村に作り、それ以降も毎年NOC(日本オーガニックコットン流通機構)と共に毎年ひとつずつ寄付しています。


乾季の川は干上がっている


井戸がないところでは川に穴を掘り、水を汲む



 
パノコの支援で完成した井戸の前で。(社長・野倉)

2基目の井戸
 
タンザニアで完成したパノコ支援の三つ目の井戸(Mwamishali)。
2011年3月撮影。



【インド】

パノコでは2007年から、村の子供たちの学校を作るための「bioRe(ビオリ)Animation(アニメーション)プロジェクト」のサポートをしています。

パノコがサポートを始めたのはインドのKalakhet村のAnimation Schoolです。 建物の建設も含め、5年間この学校の運営をサポートします。この村はJulwaniya extension センター下の衛星プロジェクトに入ります。

●場所、背景
ここはBarwani地区の非常に辺鄙な所にある部落です。このAnimation Schoolは2007年8月に始まりました。 公立の学校が近くにあるのですが、雨期には川が増水して寸断されてしまい、この部落の子どもたちは学校に行けません。 bioReトレーニングセンターからは約60kmの距離です。

●子どもたち
当初18名が登録されていましたが、現在は男女合わせて32名が通っています。保育園、幼稚園、1年生、2年生、3年生のクラスがあります。 授業はbioReの登録農民Mr.Laisinghsの家で行われていましたが、11月にやっとパノコの寄付で校舎ができました。 先生はMr.Gokul Chauhanに初めから引き受けてもらっています。


近くにある大きな川。雨季になると増水して渡れなくなり、子供たちは学校へ通うことができなくなってしまう

●勉強道具
子どもたちにはすでに、かばん、本、文房具が渡されました。 またクリケット、フットボール、バレーボールなどのスポーツ用品、チェス盤、お絵かき道具などもいきわたりました。 bioReの手織り機で制服も作って生徒に渡されました。


●健康診断
年2回行なわれています。


●最近の状況
待ち望まれていた校舎がやっと完成しました。
落成式は2010年11月26日に、村の人総出のお祭りのような雰囲気のもと、盛大に行われました。

現在の生徒数は増え下記の通りです。
保育園児:4名  幼稚園児:6名  1年生: 5名  2年生: 9名  3年生: 8名 合計: 32名

完成したアニメーションスクールの校舎教室の黒板の様子もう一つの教室
クリケットやスポーツの道具も揃っている落成式に参加する子供たち生徒たちに記念品を手渡すPANOCOの野倉社長



生地には天然・自然・安全のこだわり

 オーガニックコットン・天然・自然・安全のこだわり

 パノコは認証オーガニックコットンの糸を輸入し、
 国内産地の有力な工場で生地に加工しています。


1. 編地加工のワックス(蜜ろうワックス)のこだわり

ニットの生地作りでは糸にワックスを施します。
一般的には石油系のパラフィンワックスが使用されていますが、パノコでは、ミツバチの蜜ろうの天然Beewaxを使っています。
編み上がった生地は熱湯で洗浄されます。
石油系のワックスでは約65度まで温度を上げますが、
蜜ろうワックスは45度くらいで溶けるので、比較的低温で生地を仕上げることができます。
生地に熱のダメージを与えませんので、丈夫で自然な柔らかさが保たれます。


  
(左)大きなコーンから小さいものに小分けしながらワックスをつけています。  (右)蜜ろうワックス


2. 生地洗浄の洗剤のこだわり

織り上がった生地は、よく洗ってから仕上げます。
パノコはこの洗いの際に使う洗剤にもこだわっています。
エコ洗剤で有名なドイツ、ソネット社のナチュラルウォツシュリキッドを使っています。
ソネット社の洗剤は、一般の石油系原料や合成香料保存料などと異なり、
環境や健康を損ねるようなものを使用せず作られオーガニック認証を取得しています。


ソネット社について

3. 染色のこだわり

パノコは、染色しない「生成りの生地」を基本にしていますが、ファッション性の要望も多く、
一部、漂白や染色した生地の扱いもあります。
伝統的な草木染は積極的に進めてゆきます。
またGOTS基準の範囲内で漂白は過酸化水素を使い、安全が確認された化学染料も使ったものもあります。
常に安全第一で、出来るだけ環境負荷の少ない方法を慎重に選んで加工しています。



  

  

  

コットンはオーガニック100%だけ

 コットンはオーガニック100%だけ

 このひとたちのオーガニックに農薬使用や遺伝子組み換えの綿は混ぜません


 1. bioRe COTTON

bioReオーガニックコットンプロジェクトはスイスのREMEI社が中心となり
1991年からインドで、1994年からはタンザニアでも始められました。
そこで生まれたものがbioRe COTTONです。
多くの農家の人たちがトレーニングセンターで有機農業を学び、そして自身たちの畑で実践した成果なのです。
パノコは長年にわたり、日本での普及に努めてきました。


詳しくは http://www.panoco.co.jp/bioRe_COTTON.html

INDIA
  

TANZANIA
  


 

2. WHITE COTTON/WILD COTTON

私たちは1996年より、ペルーからオーガニックコットンの糸の輸入を始めました。
当初はアメリカから輸入していたのですが、中南米が綿の原産地であることを知ってからは
茶綿(WILD COTTON)の糸はペルーから輸入しています。
ちなみに、綿の原種は茶綿だと言われています。

世界のマーケットではカラーコットン(茶綿・緑綿)の需要が非常に弱くなっており、生産量も年々減少しています。
私たちは何とか生産を維持したいと考え、2007年より、茶綿(WILD COTTON)の契約栽培に踏み切りました。
 

詳しくは http://www.panoco.co.jp/WHITE_WILD_COTTON.html

  

  



3. SWISS COTTON
 

パノコは10年以上にわたり、スイス Hermann Buhler社よりスーピマのオーガニックコットンを輸入しています。
世界三大高級綿のひとつであるアメリカ産のスーピマ綿をスイスで紡績した100%オーガニックコットンは
シルクのような光沢と肌に吸い付くようなタッチを生み出します。
Buhler社は環境問題にも先進的で、自社で水力発電の設備も持っています。

詳しくは http://www.panoco.co.jp/SWISS_COTTON.html

  



4. BRAZIL GREEN COTTON
 

私たちは2年前よりグリーンコットンの契約栽培をスタートさせました。
オーガニックコットンは当初はキナリだけでなく、茶色、緑色もかなり使われましたが、
特に緑は色の安定性が悪い、価格が高いということで徐々に敬遠されてきています。
パノコは、貴重な緑を自然界からなくしてはいけないという気持ちから提供し続けています。



  

製品には安心・心地良さの追求

 製品には安心・心地良さの追求


NOC(日本オーガニックコットン流通機構)規準

キナリ、カラーコットンを使用した無染色の商品及び草木染めの商品はNOCオーガニックコットン規準に沿って作られたものです。
但し、ふとん類の中綿に関しましては、パノコでは綿のにおいを取るためにオゾン殺菌をしています。

NOCエコ加工規準10か条

1.正統な認証機関が証明した有機栽培綿オーガニックコットンを常に100% 使用する。
一般綿とは、いかなる理由があっても混合しない。
 
2.化学合成繊維との交織、交編はしない。ただし製品機能上伸縮性が必要な靴下、肌着などの場合はスパン糸の混用規準を15%程度とし、混用内容はすべて表示する。
異種天然繊維との交織,交編は有機認証のあるものに限り混用限度を40%とする。(ウール、シルク、麻など)
 
3.綿本来の性能以上を求めた薬剤による機能増強加工はしない。 (機能増強加工とは漂白・蛍光、化学的染色、抜染又は防染、防縮、柔軟等を示す)
草木染め等 安全性が確認された天然染料での染色はできる。 
 

4.製品加工工程上、必要とされる化学合成の補助剤は常に最小限を求める。(糸のロウ付け、糊付け等)ただし完成品にそれらの材料が残留しないよう十分に洗浄する。
 
5.オーガニックコットン以外の素材や部材の使用限度は、全体重量の10%とし、内容はすべて開示できるようにしておく。 (芯地、裏地、刺しゅう糸、アップリケ、等)
 
6.ひも、ゴムひも、テープ、表示ネーム、ボタン,ファスナーなど付属材料は生分解性の観点からできるだけ天然素材を使用する。
 
7.縫い糸はできるだけオーガニックコットンを使う。強度的に耐えられない製品については、合成繊維の縫い糸を使用できるが部分的最小限とする。
出来るだけ漂白、蛍光加工していない縫い糸を使用する。
 
8.ぬいぐるみの中綿は、できるだけオーガニックコットンを使用する。
デザイン、表現上やむをえない場合、一般的に安全性が確認された合成繊維(ポリエステル等)を使用できるが、中綿量は、一個当たり500gを限度とする。
ただし、生分解性の観点から天然繊維(パンヤ、とうもろこし繊維、竹繊維等)への転換に努力しなくてはならない。
 
9.Tシャツやバッグなどの製品プリントは、より安全性の高いインクを使用し、捺染の最大面積は本体面積の10%を限度とする。
但し安全が確認された天然素材での捺染の場合は印刷面積の限定はしない。
 
10.洗浄の際はエコロジー、健康保持のため化学合成の洗剤を使わない。(天然石けん、電解水、バイオ洗浄を推奨)
 

化学染色をした商品につきましてはNOCグリーン規準をクリアーしています。



NOCグリーン規準基本5原則

           
NOC日本オーガニックコットン流通機構は、従来N O Cコットン 規準をもって自然環境にもヒトの健康にも最も安全な製品の普及に貢献してきました。
そして更に発展的に、NOCグリーン規準を設定しました。
これは、基本的にはNOCコットン規準と同じように「エコロジーと人の健康」を重視しながらオーガニックコットン市場の拡大のため付加機能を加え、製品化する規定です。
 
原則1.オーガニックコットンの栽培、製品製造の工程で自然環境、生態系に、またヒトの健康に悪影響を及ぼさないよう配慮する。
 
原則2.主要な原料に遺伝子操作されたものを使わない。
 
原則3.製品が廃棄された時、土壌中に異物として残留しないよう配慮する。
 
原則4.製品が焼却された時、人体に有害な化学物質による環境汚染を引き起さないよう配慮する。
 
原則5.栽培、製造における売買取り引きは、社会的公正の上で行われなければならない。(フェアトレード)
 

更に詳しくは下記のNOC HPの規準をご参照ください。
 http://www.noc-cotton.org/certification/standard.html
 


 

レーダーチャートについて

当サイトのレーダーチャートは、1つの生地に対して、
 生地の厚み
 縫いやすさ
 伸縮性
 遮光率(透け感)
の構成比(バランスや特徴)を確認することが可能です。


レーダーチャートサンプル
レーダーチャート_サンプル

レーダーチャートの数値について
生地の厚み 縫いやすさ 伸縮性 遮光率(透け感)
5 = 極厚
4 = 厚
3 = 中
2 = 薄
1 = 極薄
5 = ビギナー級
4 = ノービス級
3 = ミドル級
2 = エキスパート級
1 = マスター級
5 = 伸びない
4 = あまり伸びない
3 = 普通
2 = ほどよく伸びる
1 = 良く伸びる
5 = ほぼ透けない
4 = うっすらと透ける
3 = やや透ける
2 = とても透ける
1 = 非常に透ける


レーダーチャートにおきましては
3 普通(中程度) ということで
生地をお選びいただく際の参考にしてください。

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

会社概要

ページトップへ