オーガニックコットンの生地・寝具・コットンパフ等を販売。
敏感肌に、赤ちゃん用におすすめです。
100%オーガニックコットンの優しい肌触りをぜひおためしください。

 

パノコのオーガニックコットン

コットンはオーガニック100%だけ

 コットンはオーガニック100%だけ

 このひとたちのオーガニックに農薬使用や遺伝子組み換えの綿は混ぜません


 1. bioRe COTTON

bioReオーガニックコットンプロジェクトはスイスのREMEI社が中心となり
1991年からインドで、1994年からはタンザニアでも始められました。
そこで生まれたものがbioRe COTTONです。
多くの農家の人たちがトレーニングセンターで有機農業を学び、そして自身たちの畑で実践した成果なのです。
パノコは長年にわたり、日本での普及に努めてきました。


詳しくは http://www.panoco.co.jp/bioRe_COTTON.html

INDIA
  

TANZANIA
  


 

2. WHITE COTTON/WILD COTTON

私たちは1996年より、ペルーからオーガニックコットンの糸の輸入を始めました。
当初はアメリカから輸入していたのですが、中南米が綿の原産地であることを知ってからは
茶綿(WILD COTTON)の糸はペルーから輸入しています。
ちなみに、綿の原種は茶綿だと言われています。

世界のマーケットではカラーコットン(茶綿・緑綿)の需要が非常に弱くなっており、生産量も年々減少しています。
私たちは何とか生産を維持したいと考え、2007年より、茶綿(WILD COTTON)の契約栽培に踏み切りました。
 

詳しくは http://www.panoco.co.jp/WHITE_WILD_COTTON.html

  

  



3. SWISS COTTON
 

パノコは10年以上にわたり、スイス Hermann Buhler社よりスーピマのオーガニックコットンを輸入しています。
世界三大高級綿のひとつであるアメリカ産のスーピマ綿をスイスで紡績した100%オーガニックコットンは
シルクのような光沢と肌に吸い付くようなタッチを生み出します。
Buhler社は環境問題にも先進的で、自社で水力発電の設備も持っています。

詳しくは http://www.panoco.co.jp/SWISS_COTTON.html

  



4. BRAZIL GREEN COTTON
 

私たちは2年前よりグリーンコットンの契約栽培をスタートさせました。
オーガニックコットンは当初はキナリだけでなく、茶色、緑色もかなり使われましたが、
特に緑は色の安定性が悪い、価格が高いということで徐々に敬遠されてきています。
パノコは、貴重な緑を自然界からなくしてはいけないという気持ちから提供し続けています。



  

コメントする

名前

URL

コメント

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

会社概要

ページトップへ