オーガニックコットンの生地・寝具・コットンパフ等を販売。
敏感肌に、赤ちゃん用におすすめです。
100%オーガニックコットンの優しい肌触りをぜひおためしください。

 

パノコのオーガニックコットン

パノコの社会貢献

 

パノコの社会貢献
-REMEI AG(リーメイ社)とbioRe(ビオリ)プロジェクト-



bioRe(ビオリ)プロジェクトの支援で作られたタンザニアの井戸


ンゴボゴ(Ng'hoboko)村の新しい井戸の前で記念撮影。(前列向かって右がパノコ社長)

パノコでは、社会貢献活動の一環として、インドとタンザニアのオーガニック・コットン生産者を支援する「bioRe(ビオリ)プロジェクト」に2007年度より参加しています。

このプロジェクトは、パノコのコットン製品の原料綿を生産しているスイスのREMEI AG(リーメイ社)が持続可能なオーガニック・コットン生産のために始めたもので、その内容はオーガニック農法のトレーニングに始まり、子供たちへの教育、医療や水源のインフラ整備、就農への資金援助、女性の自立支援など、多方面に亘っています。

パノコはこれらのプロジェクトの中から、タンザニアにおける水源整備事業(井戸の掘削、修理)および、インドの子供たちへの教育プロジェクト(Animation Schoolの建設・運営)への参加を決定し、資金提供を行っています。


【タンザニア】

「bioRe(ビオリ) タンザニア プロジェクト」では、生産者支援のためのインフラ整備事業の一環として、2007年末から11の村に19の新しい井戸を作り、15の井戸を修理することを決定し、早速ンゴボゴ(Ng'hoboko)村に2つの新しい井戸を作り、1つの井戸の修理を終えました。 その後も毎年増やしており、2012年現在47になっています。
 

パノコはこのプロジェクトのうち、2009年度末までに、Mwanyahina村に2つの井戸を寄附することを決定しました。この村には351世帯、3,520人が住んでいますが、乾季の水源がありません。水汲みは主に女性と子供の仕事ですが、何時間もかけて遠くまで水汲みに行かなければならないため、子供達は学校に行く時間がなくなってしまいます。子供の将来を心配し、この村では村長をはじめ村人全員が井戸の建設を切望していました。

2008年に実施された新しい井戸作りは、工事そのものは住民側も労力を提供する形での共同作業で行われました。作業はREMEI/bioRe のJustinaさんが中心となって監督し、完成した後のメンテナンスは全て住民側に移管されます。

タンザニアでの井戸掘りは、手作業でボーリングを行います。水脈に到達するまで掘り進めます。出た水は飲用が可能かどうかの水質検査を行い、不適切な場合は他の場所に移り、再度やり直しです。ボーリング作業を行いながら井戸の深さを決定し、同時にコンクリート壁の製作が始まります。壁は最低でも7日間養生しなければなりません。炎天下の中、大変な作業が続けられます。

そして2009年、Mwanyahina村に2基の井戸が完成しました。1基目の井戸は、現在76世帯が利用し(1世帯8-10人)、2基目の井戸は47世帯が利用しています。水汲みに出かけていた時間と労力が大幅に縮小され、子供達も学校へいけるようになり、村人たちは大変喜んでいます。3基目は2010年にMwamishali村に作り、それ以降も毎年NOC(日本オーガニックコットン流通機構)と共に毎年ひとつずつ寄付しています。


乾季の川は干上がっている


井戸がないところでは川に穴を掘り、水を汲む



 
パノコの支援で完成した井戸の前で。(社長・野倉)

2基目の井戸
 
タンザニアで完成したパノコ支援の三つ目の井戸(Mwamishali)。
2011年3月撮影。



【インド】

パノコでは2007年から、村の子供たちの学校を作るための「bioRe(ビオリ)Animation(アニメーション)プロジェクト」のサポートをしています。

パノコがサポートを始めたのはインドのKalakhet村のAnimation Schoolです。 建物の建設も含め、5年間この学校の運営をサポートします。この村はJulwaniya extension センター下の衛星プロジェクトに入ります。

●場所、背景
ここはBarwani地区の非常に辺鄙な所にある部落です。このAnimation Schoolは2007年8月に始まりました。 公立の学校が近くにあるのですが、雨期には川が増水して寸断されてしまい、この部落の子どもたちは学校に行けません。 bioReトレーニングセンターからは約60kmの距離です。

●子どもたち
当初18名が登録されていましたが、現在は男女合わせて32名が通っています。保育園、幼稚園、1年生、2年生、3年生のクラスがあります。 授業はbioReの登録農民Mr.Laisinghsの家で行われていましたが、11月にやっとパノコの寄付で校舎ができました。 先生はMr.Gokul Chauhanに初めから引き受けてもらっています。


近くにある大きな川。雨季になると増水して渡れなくなり、子供たちは学校へ通うことができなくなってしまう

●勉強道具
子どもたちにはすでに、かばん、本、文房具が渡されました。 またクリケット、フットボール、バレーボールなどのスポーツ用品、チェス盤、お絵かき道具などもいきわたりました。 bioReの手織り機で制服も作って生徒に渡されました。


●健康診断
年2回行なわれています。


●最近の状況
待ち望まれていた校舎がやっと完成しました。
落成式は2010年11月26日に、村の人総出のお祭りのような雰囲気のもと、盛大に行われました。

現在の生徒数は増え下記の通りです。
保育園児:4名  幼稚園児:6名  1年生: 5名  2年生: 9名  3年生: 8名 合計: 32名

完成したアニメーションスクールの校舎教室の黒板の様子もう一つの教室
クリケットやスポーツの道具も揃っている落成式に参加する子供たち生徒たちに記念品を手渡すPANOCOの野倉社長



コメントする

名前

URL

コメント

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

会社概要

ページトップへ