オーガニックコットンの生地・寝具・コットンパフ等を販売。
敏感肌に、赤ちゃん用におすすめです。
100%オーガニックコットンの優しい肌触りをぜひおためしください。

 

レポート

コットン産地レポート2008第1回

2008年6月 タンザニアレポート:第1回(6月25日(水)-6月27日(金))

空港に迎えにきてくれたアレーさん

6月25日(水)

夕刻8時45分アラブの航空機エミレーツに乗り込み関西空港を飛び立ちました。機内は新しくキレイ、座席は空いてゆったりしていました。約10時間半のフライトの後、26日未明、アラブ首長国連邦ドバイ空港に到着しました。それから6時間空港の中で時間をつぶし、10時55分目的地タンザニアダルエスサラームに向けて離陸しました。
機内は打って変わって超満員です。アフリカ人、インド人がほとんどで日本人の姿はほんのわずかになりました。約6時間のフライトです。

ダルエスサラーム、ニエレレ空港に26日夕方到着しました。空港の名前は大統領の名前から来ています。ニエレレ大統領はポルトガル、ドイツそしてイギリスの植民統治の後、1961年独立し初代の大統領として就任しました。国家体制は大統領、国会、裁判所によって統治されていて、国の正式名称は「タンザニア連合共和国」となっています。
ダルエスサラームは商業上の首都で250万人の人口です。タンザニア全体では3500万人です。年間平均気温24~28度で常夏の国です。10月から3月は猛暑の時期です。6月から9月までは涼しいいい季節です。言葉はスワヒリ語と英語が通じます。
国際空港というにはあまりに小さい感じです。リーメイ社が手配してくれたアレーさんが迎えに来てくれました。早速ホテルに向かいましたが、道路は結構渋滞していました。
ホテルではスイスからやってくる、リーメイ社副社長のピーターさんを待ちましたが、夜9時無事に到着し、アフリカの旅が始まりました。

6月27日(金)


ニオレレ空港からPRECISION航空の飛行機でムワンザMWANZAに移動しました。ムワンザはビクトリア湖の南の端に位置していて、ROCK CITY「岩の町」の異名通り大きな岩が平原にも山にもごろごろと有ります。地質的には表土もなくとてつもなく古い
感じがしました。さあ、オーガニックコットンの聖地MEATUメアトウに向けて5時間の移動です。ランチを食べて午後1時、車は走り出しました。

まともな道路は初めだけ。舗装してあっても所々大きな穴が開いているので、油断できません。途中からはカマボコ道。とにかく道はひどくて遠い。バオバブの木が随分とたくさんあります。びっくりするほど大きな木です。葉っぱは殆ど落ちているが、一部実がなっていて、食べられるとの事です。


巨大なバオバブの木
収穫を待つ綿畑

近道に雨期は川になっている所を1時間ほど走ります。まるでSAFARIラリーのよう。
一面ものすごく広い大地で、牛、ヤギ、羊を放牧している人たちをぱらぱらと見かけました。

乾季に入っているので、植物は枯れかけており、ソルガム、ミレット、メイズの収穫後のようなところが見られます。
そして綿は今から収穫という感じ。綿の場合には、雨期の初めに種まきをします。


5時間の激しい揺れに耐え、綿の畑が見え始め、目的地のBIOREトレーニングセンターに到着したのは、
夕方の6時を少し回った頃でした。

BioReトレーニングセンターのニランジャンさん、その他の方々の出迎えを受け、オーガニックコットンの状況について話を伺いました。

我々は異国の食事を楽しみ、蚊帳が吊られたベッドに寝て、懐かしさを感じながら旅の疲れを癒しました。

明日は、ジン工場(ジンとは綿花の綿と種をわける工程)の見学です。

bioReプロジェクトのトレーニングセンターの人たち

コメントする

名前

URL

コメント

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

会社概要

ページトップへ